専門学校ってどんなところ?

専門学校専門学校とは、専修学校のうち、高等学校卒業者に専門教育を施す専門課程を置く教育機関が称することのできる通称で、いくつかのレベルに分類される高等教育機関です。学科によっては1年制から4年制まで様々あり、卒業すると「専門士」または「高度専門士」の学位が授与されます。

主に職業に必要な知識や技術を習得するための学校になります。そのため、授業は実習が多く、実際の仕事現場ですぐに役に立つような即戦力を身につけることができます。専門学校の特徴としては、学校数や学科数が多いことが挙げられます。専門学校は大学の3倍以上の数があると言われています。大学と比較すると、施設は小規模ですが、専門設備を有している学校がほとんどなので、専門技術を集中的に学ぶには最適な場所だと言えます。大学と比較すると、短期間で濃縮した時間を過ごすことになるので、同じ夢や目標をもった仲間たちと出会い、切磋琢磨しながら技術を身につける場所であると言えます。各業界の第一線で活躍している人が講師として、カリキュラムを教えてくれる学校もあります。また、即戦力として社会ですぐに活躍できるので、学生新卒者の中では、専門学校を卒業した学生の就職率の高さも魅力です。

ただカリキュラムの密度が濃く学生生活が忙しくなりがちで、専門学校生活を楽しむという余裕がないかもしれません。また、学びが職業に直結しているので、目指す仕事を変更するのは難しいかもしれません。専門施設で学ぶ学科の場合、四年制大学よりも学費が高くなることもあります。大学と専門学校の違いを十分理解した上で、自分に合った学校選びをしましょう。